田中将大 マー君 海外の反応

【田中将大 マー君 アメリカの報道】

現地メディア 新聞報道

ニューヨークのメディアではtanakaの成績は驚異的だと紹介

11勝3敗 防御率2.10 (2014/7/2時点)
勝利数、防御率ともにリーグトップ

報道では特に防御率に着目
2.10という数字がどれほど驚異的かということをかつてヤンキースに在籍していた名投手たちと比較

先ず
ヤンキース本拠地ヤンキースタジアムはメジャー屈指の打者有利の球場であり
右翼~右中間が極端に狭く、本塁打が出やすい
左打者に圧倒的に有利な構造で右投手に不利
他球場に比べ1・5倍ホームランが出やすいと紹介

続いて
ヤンキースで規定投球回に達し防御率2点台の投手は1997年を最後に出ていない
1997年、デービッド・コーン(2・82)、アンディ・ペティット(2・88)が記録

デビッド・コーンはメジャー通算194勝 
アンディ・ペティットはメジャー通算256勝とともにメジャーを代表する好投手であった

報道では
二人の大先輩の数値2・82、2・88と比較してもtanakaの防御率2.10という数字は傑出している,類まれなる数字である、偉大な大先輩たちを遥かに凌駕する数字を残していると高く評価している。

田中将大 海外の反応 最新動画記事一覧⇒ 田中将大 海外の反応 最新

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

田中はエースとは呼べない
防御率2.10程度で凄いとは本当にわらける。一部の右翼的日本人が騒いでいるだけだろう。
下記の人のようにここのサイトの利用者でもタナカを評価していない人もいるではないか。これが本当のタナカに対する評価である。


2014年06月23日(月) 09:40
名前 じんた01 

今回の評価
7回3失点:「余計な点を与えた」「配球ミス」

QSの基準が3点は「エース」にとっては甘すぎる。
雑魚投手と評価基準を変えるべき。
(「エース」は7回2点まで、または8回3点まで、など)
MLBファン
じんた01 氏の基準で言うと過去20年近く、ヤンキースにエースといえる存在はいなかったことになる。ヤンキースタジアムの特性等考慮した基準なのか是非伺いたい。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
記事検索
RSSリンクの表示
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。